塩沢蛍祭り特別ディナー・JAZZの生演奏と共に

b0246670_325996.jpg
ご一緒する演奏家のご案内。
軽井沢近辺に在住し演奏活動をされている方々です。




フジイ キョウコ(ボーカル) 作詞、作曲、ボーカル。愛媛県生まれ。ボストンのバークリー音楽院卒業後、帰国。主にスタジオボーカリストとして活動し、数々の楽 曲やCM作品など幅広いフィールドにおいて彼女の歌声を聴く事が出来る。


小嶋 洋一郎(ギター) 1949年名古屋生。ジャズギタリスト高柳昌行、小西徹両氏に師事、都内にてフリーランスギタリストとして活動。その後、一時活動を休 止するが、2010年、軽井沢に移住を期に活動再開する。生の楽器の音の良さを伝えたい、軽井沢にJAZZが定着するために少しでも手助け になれば、との思いで活動している。2014年6月第1回軽井沢アート&ジャズフェスティバルに参加。2015年第2回軽井沢アート&ジャズ フェスティバル実行委員。


平間 亮之介(ピアノ) 東京都出身。 2011年軽井沢に移住。テレビCMや映画などの音楽制作、アルバムのサウンドプロデュース、アーティストへの楽曲提供、レ コーディング・ライブでの演奏など幅広い音楽活動を展開。ユニット「tangerine.」として『FLAVOR BOSSA CASE』をリリースし、渋谷 HMVワールドコーナーにて週間ランキング1位を獲得。2014年よりジャズの演奏に興味を持ち、軽井沢でジャズピアニストとしても活動を 始める。


岡部 哲(ベース) 2011年の震災を機に故郷の信州に戻り、徹底的に行ってきたクライミングも休止中。2013年よりベース弾きに転身し、早くも2014年6月に は第1回 アート&ジャズフェスティバルに参加、同年後半より軽井沢ルバートにてバンドKJCのメンバーとして演奏し音楽生活を楽しむ。 和光大学非常勤講師、関東岩場研究所などを兼任する異色ベーシスト。


KAZ 笹田(ドラム) 10年に渡るギターの秋山一将、周防義和氏等とのバンドを経て1998年軽井沢に移住。2009年、10年と北軽井沢ジャズフェスティバル、 2012年と2013年6月、SBC主催の長野市「門前ジャズフェスティバル」に出演。2013年5月NHKTV長野の「ひるとく」に堀内実智代 vo & NSS で出演。2014年6月に第1回軽井沢アート&ジャズフェスティバルに参加。第2回2015年7月もプレイヤーおよび実行委員として参加予定。 2014年にオープンした店 wine & musicの軽井沢ルバートにはNSSやKJCのバンドで出演、いつも軽井沢でのJAZZの発展を願っている。



Vocal : Kyoko Fujii Singer, song-writer. Graduated from Berklee College of Music in Boston. She is an active studio-vocalist and her works could be heard in various TV-CM, CDs and so forth.

Guitar : Yoichiro Kojima Born in 1949, Nagoya. Learned under Masayuki Takayanagi and Toru Konishi and became a freelance-jazz-guitarist in Tokyo. He once stopped his music career but started again when he moved into Karuizawa in 2010. He wishes to support establishing jazz-culture in Karuizawa through sending out the true sounds of real instruments. He played in the first “Karuizawa Art & Jazz Festival” in June 2014 and is scheduled to be in the next festival coming up on July 2015 as a player and also as a member of its executive committee.

Piano : Ryonosuke Hirama Born in Tokyo. Moved into Karuizawa in 2011. He composes for TV-CM and movie-soundtracks, sound-produces albums, offers songs for various artists and also plays at recordings and lives. As a unit “tangerine.” he released CD-series of “FLAVOR BOSSA CASE” which earned No.1 in a weekly ranking of world section at Shibuya-HMV. He just started playing Jazz only a year ago and is now so much enjoying of entering to a new world.
Bass : Satoshi Okabe He returned to his homeland Shinshu when 311 occurred in 2011. He used to be known as an aggressive rock-climber but is now temporarily pausing its activity since then. All of a sudden in 2013 he decided to become a bassist and already appeared in the first “Karuizawa Art & Jazz Festival” June 2014. From the end of that year he started to play regularly at “wine & music Rubato” as a member of KJC and is now enjoying his music life. An unique bassist, a part-time instructor at Wako University in Tokyo and also a member of Kanto Rocky-area Institute.

Drums : KAZ Sasada With over ten years experience of band-playing with a guitarist Kazumasa Akiyama and Yoshikazu Suoh, he moved into Karuizawa in 1998. He appeared on “Kita-Karuizawa Jazz Festival” 2009 and 2010, “Monzen Jazz Festival in Nagano-city sponsored by SBC” 2012 and 2013, NHK-Nagano’s TV program “Hirutoku” with a vocalist Michiyo Horiuchi as a member of NSS in May 2013. He was also in the first “Karuizawa Art & Jazz Festival” in June 2014 and is scheduled to be in the next festival coming up on July 2015 as a player and also as a member of an executive committee. He regularly plays at “wine & music Rubato” as a member of NSS and KJC, and is always hoping for the expansion of Jazz-scene in Karuizawa.
by musaians | 2015-06-30 02:36 | イベント


日々のお知らせ


by musaians

プロフィールを見る
画像一覧

メモ帳

最新の記事

定休日のお知らせ(2017年..
at 2017-09-13 02:39
茄子、発見!
at 2017-07-21 17:10
ウェディングや記念日にいかが..
at 2017-07-21 17:03
桃のスープ
at 2017-07-21 16:58
桃のスープ
at 2017-07-21 16:57

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧